忍者ブログ
  • 2018.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.07
一応……
バレンタインということでなのはssです

一応みんなに愛されているなのはさんを目指してみました


いつもより文は長いですが、長いだけのgdgdになってます

それでもとりあえず、暇だし仕方ないから読んでもいいという方は続きからどうぞです


拍手いつもありがとうございます

「なのはさん、これを受け取ってください」
「あー、貴方ずるいわよ。私だってなのはさんのために作ってきたんだから」
「なのはさん、大好きです。これからも頑張ってください」
「あの、みんなどうしたの……?」
 
今日の教導が終わり、なのはと一緒に帰ろうと探していたら案の定なのはは教え子に囲まれていた。
今日2月14日はバレンタインだ。
こっちでは元々馴染みのないイベントだったのだが、最近はこっちでも地球のイベントが行われるようになってきた。
なのはは自分が何故チョコを渡されているのかわかっていないようだ。
確かになのはは普段から差し入れを貰っているから今日もそれだと思っているのだろう。
あいつ今日が何の日か覚えてなさそうだもんなと思いながらさすがにそろそろ助けてやろうと思い、声をかけることにした。
 
「おいお前ら、なのはが困ってるじゃねぇか。離れろ」
「あっ、ヴィータちゃん」
 
あたしがなのはから教え子たちを引き離すと、そいつらは不満そうにこちらを見てきたがなのはは嬉しそうにあたしの名前を呼びながら抱きついてきた。
それによって周りからの視線がさらに強くなってきたがあたしはそれを無視してなのはを連れてその場を後にした。
 
「ヴィータちゃんどうして怒ってるの?」
「別に怒ってねぇよ」
 
局の廊下を二人で歩いているとなのはがそんなことを聞いてきた。
実際あたしは怒ってはいなかった。なのはが人気がありモテルのは海鳴にいたときからしっていたからだ。
しかし、こっちに越してきてからは部署が違うこともあってその光景を見ることが減っていたのに、六課やその後誘われて入った教導隊では同じ職場ということもあり、改めてこいつの人気を見せられた感じだった。
なので自分の気持ちが少し抑えられなくなってしまっていた。
 
「にしても、今日は一段とすごいな、それ」
 
と言うと
 
「そうだよねぇ、差し入れを貰うことはよくあるんだけど、一日にこんなに貰ったことないし、みんなチョコみたいなんだよね」
 
と、やはり今日が何の日かわかっていないように少し困ったように笑いながら言った。
 
「はぁー、今日は何日だと思う?」
「えっ、今日?今日は、えーと……2月14日……あっ、バレンタインか」
 
あたしにそう言われて漸く気づいたようだ。
 
「そうだよ、正解。ということでこれ、やるよ」
「えっ、これって……」
「勘違いするなよ。はやてのために作ってたら材料が余ってもったいなかったからついでに作っただけだからな」
 
そう言いながらなのはにチョコを渡すと、ありがとう、嬉しいよ、と言いながら抱きつき頭を撫でてきた。
あたしがそれを振り払い歩きだすと、あぁん、ヴィータちゃんはつれないなぁなんて言いながらなのはがついてくる。
 
 
 
「なのはさん、これ受け取ってください。私からの愛のこもったチョコレートですよ」
「ちょっと、スバル、愛のこもったって何よ。そんな物渡したらなのはさんに迷惑でしょ。なのはさん、お世話になっているお礼に作ったんですけど良かったらどうぞ」
 
さらになのはと一緒に歩いているとそこで一緒になったらしいスバルとティアナがなのはにチョコを渡してきた。
 
「ティアは素直じゃないね」
「アンタ何言ってんのよ。あたしは別に……」
 
なんてティアナは言っているがなのはにお礼を言われて頭を撫でられると嬉しそうに頬を染めていた。
 
“おいっ、お前ら今度あったら覚悟しとけよ”
“良いじゃないですか、ヴィータ副隊長となのはさん付き合ったいるわけじゃないんですから”
“そうですよ。それにヴィータ副隊長はなのはさんと部署が一緒なんですから”
 
念話で少し脅すと二人からそんな風に返事がきた。
本当にこの二人は六課にいたときより逞しくなったようだ。
確かに二人の言っていることは本当のことだ。
あたしとなのはは付き合ったいるわけではないのだ。
あたしが手強くなったライバルをどうしようか考えていると、
 
「なのは」
 
向かいからフェイトが近づいてきた。
 
「フェイトちゃん任務はどうしたの?」
「ちょうど今日戻って来たんだ。それでなのはにこれを渡そうと思って探してたんだ」
 
そう言ってなのはにチョコを渡すフェイト。
 
“ヴィータ、私のなのはに何もしてないでしょうね”
“なのははお前のじゃないだろ。それに六課で一緒の部屋だったのに何も出来なかったお前に言われたくねぇな”
“それを言うならヴィータだって同じ部署にいるのにまだ恋人になれてないんでしょ”
 
なのはに気づかれないように念話でそんな会話をする。
 
確かになのはのことを狙うライバルは沢山いるが、一番手強いのはなのは本人なのだ。
何故ならなのはは自分に向けられる好意にはとことん鈍い。それ以外のことには鋭いのだがそのことになると全く気づかないのだ。
今日貰ったチョコだってあたしのチョコも含めて全部義理やなんかだと思っていることだろう。
こんなことではなのはに恋人が出来ることはまだまだないだろうがそれはあたし自身もそうなれないことを示している。
そんなことを思いながらフェイトと同時に溜息を吐くのだった。
 
 
 
 
 
どうでもいいおまけ
 
「アインハルトさん、受け取ってください」
「ヴィヴィオさん、実は私も持ってきたんです。貰ってくれますか?」
「バレンタインのこと知ってたんですか?」
「はい、ノーヴェさんに聞いたもので」
「そうですか」
「はい。ところで今日はヴィヴィオさんのお母様は御在宅ですか?」
「なのはママですか?今日は早く帰れると言っていたのでいると思いますけど」
「そうですか。色々お世話になったのでお礼にお母様にもお渡ししたかったもので」
 
(ちょっとー、なんでアインハルトさん顔赤くしてるの?もしかしてアインハルトさんまでなのはママ狙い?リオとコロナも後で渡しに来るって言ってたし、ママってば一体何人落とせばいいのぉ)
 
 
なんてことがあったらしいです。
 
 
 
どうでもいいおまけ終了
 

拍手

PR
【2011/02/14 23:58 】 | なのはss(他CP) | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<今更ながら | ホーム | 何だろう、これ……>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>